読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折伏スゴロク

自分と友人が幸せになる折伏をしたい人のために

願いはいつも叶っている

そうなんです。

この世にいる人の願いは全て叶っている。 
悲しいぐらいに叶っている。
004.png 
 
宇宙は仏法そのもの。
 
全ての人の言葉や行動、だれが気付かなくても
その人の心根や、生命の奥底にある優しさから
瞬間的に現れる感情までも、すべてを同名天や
同生天という働きが、休みなく宇宙に報告をしている。
 
自分の願いはと聞かれたら?
「月収をアップしたい」
「好きなだけ旅行がしたい」
「10才若返りたい」
などと答える人がいたとします。
 
しかし、本心が
「月収をアップしたいけど、ムリだろうな~」
「好きなだけ旅行がしたいけど、今はそんな余裕はないな~」
「若返るために、いろいろやっているけど、効果が出ないな~」
だと
 
同名天や同生天が、その本心を宇宙に報告してしまう。
宇宙は、そのことを願いと受け止め
「じゃ~それでいいんですね~」と返事をしてくる。
 
結果、「出来ない」という思いが願いになり
叶えたくない願いが、いつも叶っている状況です。
 
人は日頃から
「自分はこういう人間だ。こういう性格だ」
「がんばって祈るけど叶わないかも」
という思考を、かってに肯定している
ある意味、自信をもっている。確信がある。
だから、祈っているのと一緒。
だから、良くても現状維持。
 
kanau.png 
 
 
ご本尊の前に座っている時だけが祈りの時ではない。
瞬間瞬間の自分の心が、ポジティブなのかネガティブなのか
魔にスキを与えているのか?自分自身で確認する必要がある。
 
いつでも、自分の生命が広宣流布から、
一生成仏の軌道から、ズレそうになったら
すーっと心の師が現れて、諭すことの出来る境涯になりたい。
 
そのためには、師匠を求める。人間革命を身で読む。
という挑戦が必要なのかもしれない。
 
最後に、私は同名天や同生天という仏法の働きを活用して
全宇宙から、最高の宝物をいやというほど受け取ることを
宣言します。「文字仏事を成す」だから。
 
何度も何度も、軌道修正をしつつ、登り切りきりたい。
 
 
追伸
この理論は、とても理に叶っていると思います。
学会員だからとか、学会員でないからとか関係なく
プラス思考の人は、いつも笑顔で、どんどん幸せを
呼び寄せているように見えます。
 
信心していても油断なく、先生の指導通りに
「心こそ大切なれ」で、自分の生命を律していきたいもです。