折伏スゴロク

自分と友人が幸せになる折伏

願いの叶う祈り方は?

昔はよく、指導を求めて先輩のところに行った。
(指導を求めるための先輩はいつもいた方がいい)
ほぼ間違いなく返ってくる言葉は
「題目しかないよ」でした。
 
正解だが、大変だった。
 
いくらあげても、しっくりこないことがあった。
自分自身の捉えかた。祈り方に何か間違いがあるのか?
 
ほとんど、りゃっこう修行状態だった。
※歴劫修行とは、何度も生まれ変わって修行をして、やっと悟りを得ること。
 
入会まもない頃は
「お願いの祈り→確信の祈り→感謝の祈り・誓願の祈り」へと変化していく
という祈りのレベルアップも知らなかった。
 
今思えば、その当時は指導する方も知らなかったんじゃないの?
と言いたくなる。
 
そして、究極の祈りである「誓願の祈り」
広宣流布のために」との、大境涯で祈るには
相当の確信がなくては、自分自身の深層心理が
それを信じてくれない。
 
頭では、広宣流布のためにと思っていても
現実は、目の前にある悩みを受け止めるだけで
精神的エネルギーを使い果たしていることがある。
 
法華経の行者の祈りは叶う」とのご金言もある。
これも、私のような未熟な学会員には荷が重いときがある。
 
それなりに役職を頂いていたとしても
真実の姿は、朝寝坊をすることもある。
時間があったら、惰性でテレビを見てしまうこともある。
 
どうあがいても、心の奥底にいる自分だけは
本当の自分の姿を知っている。
もし、弱気になって「法華経の行者の祈りは叶うけど
自分はまだまだだから」なんて思った日には何も叶わない。
 
 
「願いの叶う祈り方」は?
 まずは、自分を肯定するところから始まると思う。
 
こんな自分に悩みが来るのは、なるべくして成った罰だとか
過去世の宿業だとか、「どうして私が・・」という
信心への不信などが出てきたら
まずは、そういうモヤモヤしたものを
自分の中から 吹っ飛ばしたい。
 
なので、まず始めに「私は100%地涌の菩薩である」と
深呼吸をして、自分を肯定することが大切だと思う。
 
なぜ地涌の菩薩なのか?
末法に生まれてきて、信心をしているからです。
奇跡の中の奇跡を、もう手に入れている自分がいる。
このあまりにも当たり前のことを、心の底から信じたい。
自分って「めちゃくちゃ運がいい人」だったんだ。
 
そして、もっと大事な地涌の菩薩の証拠は、
「悩みが出て来た」ということだそうです。
 
過去の菩薩や仏は、完全に成仏しているので
悩みがない。悩みが出てこない。
 
地涌の菩薩だからこそ、悩みが出て来たのです。
それも、自分で計画的に出した悩みだ。
「そんなこと知らない」と言っても本当らしい。
 
願兼於業で、自分で作った人生のシナリオに
ちゃんと書いてあるらしい。
※願兼於業・・自ら願って悩み苦しむ人生を歩み、全てを乗り越えて実証を示すと計画してきたこと。
 
ということは、やっぱり私たちは法華経の行者であり
地涌の菩薩であることは間違いない。
「一念の違い」「心の根底の違い」
一瞬で変えることのできる「その一念」をどう変えるか?
結局、誰のせいでもない。全ては自分の責任。
  
 
「ご本尊の前に座った瞬間から
悩みが解決することは確定している。」という
この一念を、特大の電気ドリルだと思って
 
岩盤のような自分の煩悩に突き刺し
両手で握りしめてダダダダ・・・と
砕き、けちらして、生命の奥底にある仏界のゾーンに
到達したイメージをしたい。
 
あとは、この悩みに立ち向かっている自分を褒め
「私の現実は、シナリオ通りに動いている。
当然のように悩みは解決する」と確信した自分を演じる。
 
そして、やれるだけのことを全力でやる。
良い結果が出ないわけがない。と
自分の心の師が言っているような気がする。
 
 
 
kakusin2.png 
 

 

祈りがなぜ叶うのか?
毎度毎度の私のかってな解釈が入っているかもしれません。
とにかく、ご本尊に祈ると願いは叶います。
創価学会の祈りは、祈って終わりではありません。
世間でいう「鰯の頭も信心から」とかいう
「お題目」を上げていたら「なんとなく安心」とか・
「きっと悪いことはおこらないだろう」とか、ただの観念論ではありません。
お題目をあげていたら、突然人生がうまくいくというわけでもありません。
 
と言いつつも、「真剣なお題目をあげる」ことで
医師から「どうすることもできません」と
お手上げ状態のガン患者の学会員さんが
何百人もステージ4から生還しているのを知ると
創価のお題目以上に、最強の祈りはない、
最後は、やっぱりお題目だ!祈りだ!ということになります。
 
入会したての私は、とにかくお題目をあげていました。
願いが叶わないのは「今は水道の蛇口をひねったばかりで
まずは汚れた生命にお題目を送って綺麗にすることから・・・」とか
かってに自分の状況に当てはめていました。
悩みながら思考しながらの祈りでした。
今の自分からすると「なんだかな~」となりますが
結局はそういう自分もあっての今の自分です。
ムダではなかったと確信できます。
 
ただ、せっかく信心したのですから、
スタートから重たい精神状態は避けたい。
また、何事も成功体験が大事かと思います。
初心の功徳で、「あ~やっぱり信心はすごいんだ!」と
信心の確信をつかみ、スタートダッシュしたい。
 
私たちは悩みを解決したいという理由で、入会したのですから
そのことをしっかりと祈って解決したい。
 
でっ、ご本尊に祈って叶う方法は?というと
私的には、「信じて祈る」ということだと思います。
「そんなことは知っている」と一瞬で切り返されそうですが
この「信じる」が難しい。
 
どんな人の生命も、一瞬一瞬変化していますので
「ご本尊を信じ続けること」「深く信じること」は、とても難しい。
「ご本尊に祈るのは当たり前のこと」
法華経の行者の祈りは叶うに決まっている」
あまりにも当たり前のこと。
大声で「絶対なんだ!」と意気込む必要もないぐらい祈りは必ず叶う。
「祈った瞬間から、もう叶う方向に進んでいる」と
池田先生もおっしゃっています。
「絶対的な大確信での祈り」これが「信じて祈る」ことではないでしょうか?
創価学会の信心を極めた大先輩方のように、この生命状態で毎日を
一瞬一瞬を生きていきたい。
 
 
事の一念三千という仏法用語がありますが
私たちの心が「本当に感じていること」が、全て一念となって
自分の周囲から 宇宙の隅々にまで届くことを
一念三千というのだと思います。
今本心から感じていることが、そのまま現実になる。
自分でも気づかないぐらいの深層心理の思いまで伝わってしまう。
「今あなたは、何をどうしたいのですか?」その問いに対する
瞬間の反応が、本心であり祈りなのです。
食事をしている時、幸せを感じていますか?
今日1日が終わったとき、なんともいえない充実がありますか?
明日のことを考えるとワクワクして
やりたいことが計画的に出てきますか?
瞬間瞬間が一念だと思います。
毎朝の聖教新聞で、仏界の縁に触れて1日をスタートできる学会員。
勤行唱題で自分を見つめて、しっかりと軌道修正ができる。
この瞬間も、一念の方向がどちらかに間違いなく向いている。
創価学会員で良かった。ありがたい。感謝です。
 
なぜ祈りが宇宙に届き願いが叶うのか?
それは、宇宙が私たちと同じシステムになっているからではないでしょうか?
私たちの体内には、無数の細胞があります。
1つ1つの細胞が、自分のやるべき行いをしています。
使命を果たしているともいえます。
使命を果たした細胞は消え、新しい細胞が使命を受け継いで新たに行動を開始する
という生死の連続が、私たちの体内で行われています。
宇宙もまったく同じ仕組みと考えることができます。
 

f:id:syakubuku:20171114150343p:plain

 池田先生の詩に以下のようなものがあります。
祈り それは、あきらめない勇気だ。

自分には無理だと、うなだれる惰弱さを叩き出す戦いだ。

“現状は変えられる! 必ず!”。確信を命の底に刻み込む作業だ。

祈り それは恐怖の破壊なのだ。悲哀の追放なのだ。

希望の点火なのだ。運命のシナリオを書きかえる革命なのだ。

自らを信じよ! 卑下するなかれ! 卑下は仏法への違背だ。

胸中の仏界への冒涜だからだ。

祈り それは我が生命のギアを大宇宙の回転に噛み合わせる挑戦だ。

宇宙に包まれていた自分が、宇宙を包み返し、全宇宙を味方にして、

幸福へ幸福へと回転し始める逆転のドラマなのだ。

人間は人間――その人間の可能性の扉を

次から次へと開いていく『鍵』が祈りなのである。

 

私たちは、諦めて宇宙(地球)に漂うこともできます。
自分の運命を受け入れるだけの人生は寂しいです。
依正不二の言葉からも、自分と周囲(大きな意味で宇宙全体)は
切っても切り離せません。完全につながっています。
たくさんの人々の思いの中に私たちはいます。
宇宙は私たちの一念に応えているだけ。
今いる自分の世界を動かせるのは、祈ることのできる私たちだけ。

この娑婆世界を、生き抜くには、自分自身が宇宙の中心軸となって

確信の祈りで、自身の軸を確実に動かし回転させて

全ての事象にギアを噛み合わせて、幸福の方向へ回すしかない。

全てを味方にする祈りをするしかない。

 

f:id:syakubuku:20171112171429p:plain

  
学会員のガン患者さんが、ステージ4から生還できたのは?
自分の身体でありながら、どうすることもできない体内の1つ1つの免疫細胞に
命令をおくり、悪玉ガン細胞の修正攻撃をしたからではないでしょうか?
その命令を送る方法こそ、お題目なのではないでしょうか?
自分の一念と、体内の1つ1つの細胞がつながっている
当然ですが、医学の力を借りてできることは全てやる。
それでも、どうすることもできない時が来るのが、世間一般の医学だと思います。
 
だから、私たちは細胞1つ1つを動かす題目という信号を直接送信する。
一念を込めて祈る。
事の一念三千は、鬼に金棒ともいえる、素晴らしいシステムなんだと思います。
 
 

f:id:syakubuku:20171112104918p:plain

 

 祈りが叶っている人の共通点

創価学会の活動をしている人なら
1度は聞いたことがある話になりますが
とても大切なことなので残しておきたいと思います。

 祈りが叶っている人の共通点は
「具体的な祈り」「勝利への逆算」
そして「願いを紙に書く(ご祈念文)」という行動です。

 例えば「資格試験の合格」が願いだったら
「〇〇試験の合格」という最終目標
そのための「具体的な祈り」として
試験合格までの行動を分解します。

 <具体的な祈り>
・良い参考書・問題集が必要
・勉強時間の確保・スケジュールの作成
・試験費用の用意
・申し込みの準備
・試験当日の段取り
・万全な体調と準備をして臨む

そして、その具体的な祈りの内容に期日を決めます。
例えば現在が1月、試験が6月だった場合

 <勝利への逆算>
・良い参考書が必要(1月中に用意)
・勉強時間の確保(毎日2時間)
スケジュール
 1月 テキストの購読・問題集
 2月 テキストの購読・問題集
 3月 テキストの確認・問題集・過去問題集
 4月 テキストの確認・問題集・過去問題集
 5月 問題集・過去問題集・模擬試験
 6月 テキストの確認・問題集・過去問題集・模擬試験
・試験費用の用意(5月)
・受験の申し込み(5月)
・試験当日の段取り(5月)
・当日、万全な準備をして臨む(6月)

 <願いを紙に書く>
そして、試験に臨むに当たっての
自分の決意や、何のために合格するという
誓願のご祈念文を「紙に書いて」
最初から最後まで、祈るという行動をします。

 

 なぜ、この3つが必要なのかと考えると?
河合副教学部長がおっしゃっていた
「お散歩信心では叶わない」ということだと思います。

旅行で例えるなら、目的地があれば
当然、日時・交通手段・スケジュールの決定や費用の捻出など
計画を立てなくては、行き当たりばったりの旅行になってしまいます。

また、具体的に祈ってもらわないと、諸天善神も何をどうして欲しいのか
分からずに、叶えたくても叶えようがないということではないでしょうか?

ご本尊が絶対であるなら、叶う叶わないはこちらの信心の強さと
上記3点が欠けることなく実践されている必要があるのかもしれません。

 

(参考)

目標を紙に書くという行動は、日本やアメリカでは、ほんの数%の人だけが
 実践しているとのデーターもあります。そして更に、その紙を毎日確認して
モチベーションを維持して、目標に向かって行動している人は限りなく少ない
との報告があるようです。

ブライアン・トレーシーの「SMART(スマート)の法則」というものがあります。
目標設定のテクニックです。
(S)Specific     具体的かどうか
(M)Measureable   それを計測できるか
(A)Agree upon    自分で納得できるか
(R)Reality     現実的か
(T)Time       期日を明確に
学会指導にも共通する部分があると思います。

 

 ※私のつたない祈りと功徳の話
こちら「小さな体験 - 折伏スゴロク」もお読みください。
 
 願いが叶う方法

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村