読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折伏スゴロク

自分と友人が幸せになる折伏をしたい人のために

仏法に役立つ脳科学

1、脳科学の理論

 人は自分の内心の言葉や周りの人からの言葉で
確実に刷り込まれていく生き物です。 
 
あなたが、自分自身をどう思っているか? 
実は、それはあなたではなく、すべてあなたの中にある
学校の先生や親の言葉、また勝手に思い込んでいる言葉が決めているのです。 
 
それがあなたの無意識にしみこまれて、そう思っているに過ぎない。 
 
本来、人は無限の可能性がある。 
あなたは、望むことは何でもできるのです。 
いつでも、あなたは変わることができます。 
 
言葉がかってにあなたの無意識の中に入ってあなたを作っている。 
無意識があなたの行動を決めます。
 
行動が人生を決めます。 
 まさに、仏法に通じる内容ですね。 
そして、自分を変える方法としてアファメーションというものがあります。 
 
2、アファメーションとは? 
自分で自分に言い聞かせる言葉です。 
人は、信念に基づいて行動します。
信念とは自分の信ずることです。 
これは、創価学会でいうところの「一念」「心こそ大切」に通じますね。 
・自分は優しい 
・自分はモテない人間だ 
・自分は高いところが苦手だ 
・自分は、人見知りだ 
 
人は、同じことを何回も思い出すと、 
勝手にそれが習慣となって意識しなくても「そうだ」と決定してしまう。 
そのような行動をとってしまう。 
なので、自分自身の言葉(アファメーション)で作られた信念を変えるのも 
また自分(アファメーション)です。 
 
人生で何を達成するかは、あなたが脳の中でリプレイしていること 
信じていることで決定します。 
人生を変えるには信念を変えなくてはなりません。 
 
3、信念を変える方法(一念を変える方法) 
・人生のゴールを決定すること 
・ビジョンを描くこと 
 
人生のゴールとは、理想的な自分のこと。 
将来は、どんな自分になりたいのかということです。 
 
大切なのは、現状の延長線上では、達成できないことをゴールにすることです。 
これにより、あなたの信念が変わります。 
 
ただ、これはそう簡単にできるものではありません。 
あなたの今の信念がこれを邪魔しているからです。 
長年刷り込まれたり、自分自身で刷り込んだ信念を 刷り込み直しましょう。 
 
どちらにしても、まずゴールを決めなくてはいけない。 
そして当然ですが、このゴールは達成不可能に思えても 
自分がそうなりたくてたまらないことにする。 
 
中途半端なゴールでは、潜在意識に衝撃を与えることはできません。 
ですから自分の信念をひっくり返すためにも、
ゴールを、 今の自分では達成できない、とんでもなく大きな目標にする。 
 
次に、ビジョン
ビジョンとは、そのゴールを達成した自分が 
どのような生活を送っているのか具体的なイメージのこと  
 
徹底的に想像をしましょう。
イメージをしましょう。 
 
4、ゴールを脳に刷り込む秘訣。 
・ イメージをする 
・ 言葉にして繰り返す 
・ 喜びと感謝の心を実感する 
 
この3つを脳に刷り込むことで、
ゴールを脳が現実と認識し 無意識でそっちの方向に引き寄せられていく。 
ゴールを何度も脳に刷り込んでいくのです。 
 
もともと人は、無意識で考えている通りの人間になるのだから。 
自動操縦になるぐらい、車の運転のように何度も繰り返すことです。 
 
5. 自分にピッタリの言葉、アファメーションの作り方 
・ 個人的なものであること。私は○○である。 
・ 肯定的な表現だけを使うこと。 
・ すでにゴールを達成している内容にしましょう。 
・ 現在進行形で書く 
・ 決して他人と比較しない 
・ 「動」を表す言葉を使う 
・ ゴールを達成して、何に感動しているのか書きます。 
・ できるだけ詳しく書いていきます。 
・ バランスを取る  健康や人間関係などの面も入れていく 
・ リアルなものにする 画像などをプリントして壁に貼ってもいい 
・ 秘密にする  誰かに話したら、バカにされ潜在意識が行動をストップします 
 
あとは、毎日夜寝る前に見る・読む。 
その繰り返しで毎日が変わります。
自分の現実がどんどんとすり替えられていく。 
 
これに、潜在意識直通のお題目(本気の祈り)がセットになったら、
鬼に金棒です。 
 
ですから、何をイメージしてお題目をあげるかが大事なのでは? 
結局、一念が大事、心こそ大切ということではないでしょうか?