折伏スゴロク

自分と友人が幸せになる折伏

聖教啓蒙と信頼残高

銀行にお金を預けると預金残高は増えていきます。
当然、引き出せば残高は確実に減っていきます。
 
そして、人間関係の信頼の度合いも
銀行口座のように増えたり減ったりする。
それを信頼残高と言うようです。
 
学会活動でもありますね。
とくに、外部の方に対する私たちの誠実さが
信頼と大きく結びついていると思います。
 
聖教新聞の購読を友人に勧めるときは
友人との信頼関係が大きく影響します。
 
新聞啓蒙を毎月複数部達成されている先輩は
日頃から、友人台帳を作って
何気ない会話の中から、相手の夢や悩み・趣味
その他いろいろな関心事を知り
忘れないようにメモに残していると言っていました。
 
そして、相手の幸せを祈り、友人が必要とする
聖教新聞の記事を切り抜いて渡してあげたり、
 
挨拶や日頃の真心の声かけで
友人との人間関係を深めているとおっしゃっていました。
 
仕事場や友達との交流も
そういう先輩方は、心の中にいつも
「広布のために」という真剣な戦う精神があるのだと感じました。
 
聖教啓蒙も、慈悲と勇気で行いますが
相手のことを思ってやったとしても
心のどこかに、聖教啓蒙の成果を追う心があっては
見透かされるだけ。
 
常日頃の誠実さが大切だと、改めて実感しました。