折伏スゴロク

自分と友人が幸せになる折伏

私の分岐点 ( 折伏 )

折伏は「やっぱり一念」だと思います。
心の奥底に何があるのかで、折伏は決まるのではないでしょうか?
 
 
これは、私が入会数か月、18才のころの話です。
 
学生部で折伏戦がはじまった時、
私は東京に知り合いがまったくいませんでした。
そこで、ビビりながら、
学校内で世間話ぐらいはできるA君に声をかけました。
私は、折伏の「しゃ」の字もしらない状態です。
 
ただただ私は、そのA君を
学生部のグループ長に合わせるのがやっとでした。
グループ長は、その日のうちに
21才とは思えない説得力と勢いで
A君を入決へと導いてくれました。
 
私は、ただ「えっ?」
ポカ~んという感じでした。
 
何かわからないけれど、良かった良かったという感じでした。
その頃の折伏は、三原則なんてありませんでした。
ですが、地区部長・支部長の面接はしっかりとありました。
 
一週間後に入会勤行会と決まり、私は安心しきっていました。
ところがどっこい、
前日になってA君は「やっぱりムリ」と言ってきました。
 
「母に相談したら、ダメだと言われた」と
きっぱりと言われました。
18才の何も知らない確信もない私に
語れる話もありませんでした。
それで、その瞬間から絶縁状態。終わりました。
 
あまりにも当然すぎる結末。
 
もう私は、ただガッカリしてグループ長に報告に行きました。
グループ長は、「どうして、A君は信心しなかったと思う?」と
質問してきました。
 
私は、自分を取り繕うように
「彼が、この信心に本気でなかったから・・・」とか
「親に相談したから、こうなってしまった・・・」とか
今思うと、恥ずかしいことを次から次へと並べていました。
 
完全に、私以外の何かに責任をなすりつけていました。
それを見透かしたかのように、黙ってい聞いていたグループ長は
 
ものすごい勢いと大きな声で
「彼が入信しなかったのは!
その君のきったね~生命が原因なんだよ!」
吐き捨てるように言い切りました。
 
私は、目が点になるのと同時に、
悔しくてその場で泣いてしまいました。
 
しょぼくれて、アパートに帰り着いた私は
ご本尊の前に座っていました。
 
「なんでこうなったんだろう」
「彼はどうなるんだろう」
「だれかが折伏してくれるかな」
「もし、二度とこの信心に巡り合わなかったら」
いろんな気持ちが湧き出てきました。
 
そして、最後に
「もう、二度とこんな折伏はしたくない」
「次からは、絶対に絶対に本気の折伏をするぞ」と誓いました。
この日が、私の折伏に対する一念の分岐点となりました。
 
その次の年からは、
5年間、私は毎年1人の友人を入会に導くことができました。
あの時の衝撃的な出来事がなければ、
今でも私は中途半端な折伏をやっていたと思います。
 
生命の奥底に届くほどの何かがある人は強いと思います。
 
私が折伏で心がけていることは
友人に対して「もし私が本尊流布できなければ、
この友人は一生信心できないかもしれない」という、
友人にたいする責任感・背水の陣ともいえる心理的状況で、
自分自身の生命を一歩も後退させない祈りです。
 
その時の友人に対する思いは
「友人は、絶対にこの信心で幸せになる」、
「それ以外はない」という確定した思いです。
 
ですので、私は友人を選びます。
絶対にあきらめるわけにはいかないので
最後まで祈れる人、心から入会してほしい人に折伏をしています。
 
そして折伏をしていて毎回思うのは
「もうだめかな・・・」
「もう、祈り切った。もう何も出てこないぐらい祈った」
限界に達するぐらい祈って、
それでも友人の反応がまったくないと思ったとき
その限界のときに、もう1歩前に出るような祈りをして
友人に会いに行く。そうなると、
もう折伏という言葉も思い浮かばないぐらいの精神状態になる。
そういう時に、ふと友人が「やってみようかな・・・」と言ってくれる。
その時、はじめて仏界に届いたんだと、
力が抜けるのと同時に喜びに変わる。
 
折伏とは自分を折伏すること」とは、言ったもんですね。
また、「折伏は友人がこの信心で幸せになって
他の誰かを折伏したときが折伏の完了」というようなことを
聞いたことがあります。折伏してからが大事だということですね。
 
ですが
折伏は、10人いれば10通りのやりかたがあると思います。
 
折伏をして、入会させるだけが、折伏ではありません。
仏法を語った瞬間から、もう妙法の種は植えられています。
 
いや、語らなくても、私たちの振舞いこそが折伏です。
 
一番大事なことは、友人が幸せになることですよね。
 
信心って、ほんと~にすばらしいですね。